■アピオスの起源

原産地が北アメリカの北西部で、その昔インディアンの栄養源として食べられてきました。

日本には明治時代に、りんごの苗木と一緒に混じって偶然運ばれてきてきたそうです。

りんごと同じような環境で育つことが分かったため、今も産地は東北が多いですね。

アピオスはマメ科の植物で、別名『アメリカほどいも』ともいいます。

■見た目、大きさ、食感

アピオスは茶色で、大きさは人の親指ほどです。 中には普通の3倍ほどの大きさのものもあります。

食感は、ジャガイモとサトイモの中間のような感じです。

■特徴、栄養素

アピオスの特徴といえば、やはりその小さな実にギッシリつまった素晴しい栄養成分です。 ジャガイモと比べると、

鉄分が約4倍! 繊維質が約5倍! タンパク質が約6倍! カルシウムは約30倍もあります!

しかもアピオスはマメ科なので、ビタミンEやイソフラボンも含みます。

他にもビタミンC、リン、カリウム、脂質を含み、ミネラルバランスが良いことで注目されています。

ひとつ気になることは、高カロリーだということです。

1日に4粒も食べたら十分な栄養が摂れます。

※高カロリーですがエネルギーの消費量は人それぞれですので、必要な分をお食べ下さい。

・効果、効能

アピオスには生活習慣病予防美容などの様々な効果が期待されています。

ペプチド成分...血圧を下げる働き、アレルギー体質の改善

カルシウム...骨粗しょう症予防

サポニン...血糖値を下げる働き

食物繊維...便秘の改善

エネルギー...強精効果

■安心・安全の青森県産です

アピオスは5月の中旬〜下旬頃に畑に植えて、寒くなる11月下旬頃に収穫をします

掘りあげたアピオスは、長ーいツルにつながっっています

にんにく王国で販売しているアピオスは青森県田子町産になります

一度、茹でてから冷凍しておりますので、 解凍したらそのまま召し上がる事ができます

サラダにしたり、コロッケにしたりしても美味しく食べられます 甘味があり、栗のようなのでスイーツにも使えます

小さく小ぶりなサイズのおいもですので、パクパクと召し上がれます。

蒸してから冷凍しておりますので、そのまま解凍してお召し上がりください。

温めますと、甘味があり栗のようにほっくりとしております。

そのままレンジで温めて召し上げれますが、様々なお料理にもお使いいただけます。

コロッケ、スープ、天ぷら、カレー、煮物などのお料理に。

他にお菓子づくりにも活用できます!
■商品の仕様

内容量:500g×2

産地:青森県田子町

ご注意:※※クール便(冷凍)のみでの発送となります。常温での発送はできかねますので予めご了承ください

  • 【冷凍】アピオス(ほどいも) 500g×2

【冷凍】アピオス(ほどいも) 500g×2

2,190円(税込)

購入数