プレミアムにんにくとは?

田子町のにんにく

通常スーパーなどで販売されているにんにくは収穫後「熱乾燥」をしています。

しかし、プレミアムにんにくは収穫後、軒下へ吊るし、自然乾燥をさせています。根も茎も切っていないのでいわゆるにんにくが「生きている」状態。収穫後も葉からエネルギーがにんにくへと送られているので乾燥させても「痩せる」事がなく、ピンとハリがあります。にんにくはずっしりと重くなるのです。

このプレミアムにんにくは田子町でにんにくを栽培している「上平農園」さんで作りました。

上平農園のはじまり

田子町のにんにく畑

上平農園ではにんにくを栽培して35年になります。お父さんと長男の満広さん二人で営んでおります。

昔は葉タバコ農家をしており家族8人暮らしておりました。

しかしそんな中、お父さんの奥さんが亡くなったのです。

長男の満広さんが小学1年生、末の妹はまだ5才の時。

人手が減った事により、葉タバコ農家を続ける事が困難になったのです。そこで上平さんはにんにくの栽培を始めたのです。

上平お父さんと満広さん昔

おじいさん、おばあさんの面倒をし、まだまだ幼い子供達2人を育てながらにんにくの栽培を始めたのです。

当時はまだ葉タバコ栽培をしながらのにんにくの栽培

照れ屋でおまり多くを語らないお父さん。でもきっと想像を絶する苦労があったでしょう。

「お父さんはこれまで何か良い事がありましたか?」と聞くと「いやいやなんもいいごとなんてねぇ(何もいい事なんてないよ)」と笑いながら話してくれました。

その言葉から、35年間ずっと手を休ませる事なく駆け抜けてきた重さを感じました。

「俺は小さい時から気がついたら手伝いしてたなー。でも農作業で大変だ、とか苦労したとか思う事はないよ。」と優しく語る長男の満広さん。二人でにんにくの栽培をしています。

にんにくは生きている

『手間の時間もかかるよ。でも本当のにんにくを味わうならこのにんにくだよ。このにんにくは本当にいいにんにくだからね、普通なら種にしたいんだよ。スーパーでも市場でも買う事はできない。にんにくのエネルギーをストレートに味わい体に取り入れるなら絶対このにんにく。本物の一流のにんにくだよ。』

今は技術も進み熱乾燥で一気に乾燥させます。にんにくも白いまま。

プレミアムにんにくは熱乾燥させず自然に任せ乾燥させています。

太陽の光を一杯うけているから色は真っ白ではない。

でもこれが『生きている』証拠

通常のにんにくとは別物です。

めったに出会う事はできないプレミアムにんにく

ぜひ一度手に取り、感じ、味わってみませんか?

上平お父さんと満広さん 現在

プレミアムにんにくの魅力

比較画像

軒下でじっくり乾燥させたプレミアムにんにくは通常のにんにくと比較するとハリがあり、ピンとしております。

軒下乾燥

軒下に吊るして乾燥させる昔ながらのやり方。自然の空気にふれさせ、じっくりと乾燥させています。

今では貴重な光景です。

プレミアムにんにくは只今、予約受付中です。限定100セットのみとなりますのでお早目にどうぞ。